さやさやの為替地図

頑張れば頑張るほどはまるFX沼からの脱出の物語

痴女に受けた心の傷的なもの

若い頃の性被害の記憶に苦しむおじさん、さやさやです。

つい最近のことなのですが二人組の女性にセクハラをされる夢を見て悲鳴を上げて目覚めました。別室にいた嫁タソがびっくりして様子を見に来たくらい叫んでたそうです。

その夢の内容は女性二人組に羽交い締めにされてズボンと下着を脱がされてボクのポークビッツをいじられるのですが全く反応しないので罵声を浴びさられるという内容でした。そういう趣味のある方には需要がありそうですがボクにはただただ怖い夢でした。

実はボクは高校生から20代前半にかけて何度か痴漢というか痴女被害にあったことがあります。

最初の体験は高校生の時にバイクの免許を取りに電車で免許センターに向かっている時でした。通勤時間とは外れている時間帯だったので車両を見渡してもボクの他には数人しかいないようなガラガラの状態でした。ヤングでチェリーなボーイのボクはトビラの側に立って窓の外を眺めながら頭の中で学科試験の復習をしていました。

ふと気がつくとボクのおケツに何かが当たって振り向くと、20歳くらいのちょっと変わった服装(モード系?)の女性二人がボクの後ろに立っていました。あんまり気にしないでそのまま立っていたのですがケツだけではなく前の方にも手が伸びてきてポークビッツをつまもうとするのでこわっと思ってどうしようどうしようってなってました。まだ16歳になりたてのチェリーだったので怖くて声もだせず、でもこのままされるがままになるのも怖いので女性を押しのけて走って逃げました。ちらっと振り返ると女性二人組が追いかけてくる様子が見えました。怖かったです。車両をつないでる部分のトビラをバンバン開けて次々と隣の車両に逃げて、次の駅でドアが開いたので電車から降りました。女性は電車から降りては来なかったので一安心して、次の電車に乗り直したことがありました。

身長175センチ位あったのですが自分よりも背の低い女性に囲まれて触られても相当怖かったので、これが逆で自分が160センチのプリティガールで175センチのおっさんにケツを触られたら相当怖いだろうなというのが容易に想像できます。

17歳の時には朝の通学時に吊り革につかまって立っていたら、目の前に座っていたOL風の女性が手を伸ばしてボクのポークビッツを鷲掴みにしました。座っている人からも立っている人からも丸見えの中、堂々と手を伸ばしてガシッと掴まれたので「ウヒッ」見たいな変な声が出たと思います。腰を引くと手を離したので何かの間違いかなと思っていると再びガシッときて「ウヒッ」みたいな感じでした。とりあえず誰も助けてくれないというか見た人はみんな呆然としていて、とりあえずボクは混雑している社内を半ば無理矢理に移動してその場を離れました。この時には何人かの女性とのお付き合いを経験して、ちょっと大人になっていたので、怖いというよりは恥ずかしかった記憶が強く残っています。
「あのお姉さん、人前で何してくれてんだよ」みたいな感じでした。

これももし逆で、座っている男が立っている女性の股間を鷲掴みにすると考えると相当やばいと思います。そういう事には全く詳しくないのですが、心の傷的なものが出来てもおかしくないと感じます。男は怖いみたいな先入観を持ってしまって、その後の人生を歪められてしまう可能性があるのではないかと。

ボクはそんなに重症じゃないと思いますが、今でも夢に見てうなされる程度には嫌な印象が残っています。付き合っている彼女が電車の中でふざけておケツを触ってきたなら、バカップルなりの良い思い出になる可能性もあるかもしれませんが、ボクは何も悪いことはしていないのに、たまたまそこにいただけで嫌な目に合わされるのですからたまったものではないです。

最初の痴女の時はボクはピチピチのジーンズに白いTシャツという服装だったと思います。そんなピチピチでおケツがプリプリな服装で出歩くお前にも責任があるとかバーコードのハゲに言われたら無言でバーコードをムシってただのハゲにします。

そんな薄着で出かけるから痴漢に狙われるんだ的な事を言う人がいますが、ボクは薄着の女性を見て仮に魅力的だなと感じても許可なく触らないです。何なら煩悩が渦巻かないように見ないようにして世界平和について考えると思います。許可なく触る人は社会で共同生活を行う上で大事な何かが欠落しています。

「猛獣の檻に自ら入って猛獣に食べられた場合、悪いのは猛獣だけなのか理論」を耳にしたことはありますでしょうか。猛獣を痴漢に、檻に入る人を被害者に見立てているようです。男性から女性への性犯罪であれば、男は本能のままに女性を襲っただけで、スキを見せた女性にも責任はあるという事が言いたいようですが、普通の男性は女性にスキがあろうがなかろうが襲いません。理性が働いていますし、想像力を働かせればその行為がどんな結果をもたらすのか理解できるはずです。性欲が抑えられないのであれば理性と想像力の欠如ですので、何かしらの治療なりが必要かもしれません。ポークビッツを切ったりチョコボール取り外したり、あるいは社会に野放しに出来ない危険な存在なので鉄格子に入れたりといった対応が必要です。

痴漢にあったと言う女性に対して、逃げればいいのになんで逃げなかったの?本当は嬉しかったんじゃないの?みたいな馬鹿なことを言う人もマジでいるのですが、もしそのおっさんのおケツをステイサム兄貴が撫で回していて、横からドウェイン兄貴に覆いかぶされた状態で「死にたくなければ動くな」って言われたら逃げるのでしょうか。ボクだったら固まります。

もし逃走を図れば、運が良くて後ろからどつかれて骨折、運が悪ければステイサム兄貴にナイフを投げられるか銃で打たれるか、ドウェイン兄貴が自動販売機とか投げて来て下敷きとか、そういう結末しか思い浮かびません。

一回目の時にボクは走って逃げましたが、それは当時のボクはサッカーをやっていて走りにはある程度自身があり、逃げ切れるという可能性と、いざとなればDQNな友人たちに教わった技術で撃退することも出来るという計算が立ったからで、もし逃げ切れずに捕まったらどんな目に合わされるかと考えて足がすくんでしまうことは充分にありえると思います。

続く(*´ω`*)ウェイウェイ